アートワークショップご参加ありがとうございました

親のための講座 子どものチカラを引き出す大人になる「親のためのアートワークショップ」、10月の第二期が終了しました。

今回もたくさんの方がご参加くださいました。第一回、第二回それぞれ、自分の中にある「~でなければならない」などの囚われに気が付き、「出来上がりを考えない、そのとき湧き上がる衝動を形にする」ワークに没入しました。また講師・浅羽聡美さんが活動のなかで経験したたくさんのエピソードをお聞きしながら「子どもが自分であることを肯定して生きていくために、親(大人)はどんなかかわりができるか」「ひとにとって、アートとはいったい何なのか」をじっくりと考えました。

子どもとのかかわりのなかで「どうしたらいいのか、これでいいのか」という迷いを抱えてワークショップに参加されたみなさんも多かったようですが、最後はそれぞれに「こうしていこう」という意思を言葉にされていました。子どもとの関わりは、常に迷い自問しながらで当たり前なのだと思います。その時に、揺れ動いても立ち戻れる「指針」のようなものが、ワークショップを通じてみなさんの中に残ったのであれば、嬉しいことです。

みなさんにいただいた感想を、ごく一部ですがご紹介します。

「大人が楽しむという体験をすることによって、子どもの気持ちがよくわかる、ということがあるんだなと思いました」
「自由にやらせることと放任することは大きな違いがあると反省しました。今までは放任してたな…子どもと一緒にいろいろな表現を楽しみたいと思います」
「『子どものありのままを大切に』ということを、スローガンでなく、こうすればできるかも…という実例をたくさん伝えていただいて嬉しかったです。勇気がわいてきた気がします」
「子ども主体の行動を信じることを、しっかり自分の中に位置付けたいと思います」
「夢中で何かを作る時間を持てました。先生やほかの参加者の方々のお話もとてもよかったです」
「子どもと向き合うために、親自身が自分の感覚にも正直に向き合うことが必要なのでは、と思いました」

アートワークショップ、今年度最後の第三期は2月に実施です。すでにお席が埋まってきていますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。
詳細とお申込みについては、こちらのページをご覧ください。(クリックするとページが開きます)