【参加者募集】赤ちゃんが楽しくなる!ママがラクになる!おんぶの講座

赤ちゃんと暮らすママ・パパにぜひ知ってほしい、「おんぶ」の奥深い世界。

今年度の抱っこ・おんぶ講座は、あそびっこ × cocotomoyoga(ココトモヨガ)のコラボ開催!
これまで、あそびっこでは、赤ちゃんの抱っこ、おんぶの大切さをみなさんに知ってもらうために、親向けに講座を行なうだけでなく、依頼を受けて区内施設の子育て支援者向けスキルアップ研修なども行ってきました。その講師陣の中心である田中知江(たなかともえ)さんが、今年度よりcocotomoyogaとしての活動を開始しました。あそびっこの子育て支援スタッフとして活動の傍ら、cocotomoでヨガを通し赤ちゃん・子ども、そして親の心と身体をすこやかにする講座を実施しています。そこで今年度は、cocotomoyogaと協働で、「抱っこ」「おんぶ」「ベビーヨガ」などの講座を、みなさんに届けて行きたいと考えています。

cocotomoyogaについて詳しくは、HPをご覧ください。

抱っこの次に、ぜひ取り入れてもらいたいのが「おんぶ」のある暮らし。
おんぶで子育てすると何がいいのでしょう??

「赤ちゃんがグズるから、ずっと抱っこ。疲れる…」
「やらなくちゃいけない家事もあるけど、ずっと抱っこで動けない…」といった悩みをよく聞きます。

おんぶができたら? 手もあくし、家事もはかどりますね。

おんぶ紐にも色々ありますが、理想は「赤ちゃんを高い位置でおんぶする」こと。ちょうど、大人の首の辺りに赤ちゃんの顔がくる位置です。

ママの肩越しから見える世界は、ママが見ている世界と同じ。ママがお料理している、洗濯物をたたんでいる、お掃除している姿もしっかり見ています。そして、赤ちゃんとたくさんお話しすることができます。
「人参さんだよ〜。今からトントン切りますよ〜」
と、話しながらお料理すると、赤ちゃんはしっかり見て、言葉と行動をつなげていくことでしょう。また、外を歩いている時でも、挨拶をする相手の目を見ることができます。ママがおしゃべりする時に、赤ちゃんもしっかりおしゃべりしています。この積み重ねは、成長と共に、発語やコミュニケーションの力のもととなっていきます。

また、ママの体にとっても負担が少ないのがおんぶの良さです。実はおんぶの姿勢には、骨盤を引き締める効果があり、産後のママにはとってもいい動作でもあります。

そんな、いいこといっぱいの「おんぶ」を体験できる講座です。おんぶをしたことがない人にとっては、赤ちゃんを後ろに回して背負うのが怖いと感じたり、慣れない動作に不安もあるかと思います。だから講座でしっかりとやり方をマスターするのが安心♪講座が終われば、家に帰ってすぐ実践できる!家事もはかどり、赤ちゃんと遊ぶ時間や自分の時間が増えますよ〜♡

日時
6月〜3月の第4金曜日(8.12月除く)
6/22, 7/27, 9/28, 10/26, 11/30, 1/25, 2/22, 3/22
15:00~16:00
会場
光が丘プレパひろば
対象
首がすわっている赤ちゃんとその保護者
料金
2000円
内容
赤ちゃんとママが心地いいおんぶを体感し、布や紐を使って実際に高い位置でおんぶができるようになるまでフォローします。講座受講後のアフターフォローは無料です。「スリング講座」または「おんぶ講座」の時間帯にお越しください。
※兵児帯・一本紐・おんぶもっこ・昔ながらのおんぶ紐で練習します。
お申し込み
こちらのHPから申し込みください。

講師からのメッセージ

田中知江(たなかともえ)
いつもは、おひさまぴよぴよの子育て支援者として現場にいますが、ヨガを通して乳幼児親子と関わりたいという思いから、この春、cocotomoyoga(ココトモヨガ)として活動を始めました。
赤ちゃんのからだに触れることは、感じること・気づくこと・ありのままの我が子を受け入れることへとつながります。子育てがより楽しく、ラクなものだと実感してもらえたら嬉しいです。