活動紹介

子どもが外で “あそぶ”ことを保障するために。子どもの「やってみたい!」が尊重される場。子どもと親が地域の人に出会い成長することができる場。子育て家庭が孤立せず、地域で子どもの成長を見守る場。さまざまな「あそび場」を運営しています。また、地域のなかでたくさんの人とかかわりながら子どもたちが成長するのが当たり前の社会を作るため、地域活動やまちづくりなどさまざまな活動に「あそび」の観点から参加しています。

あそび場・施設運営 あそぶ場、人が出会う場をつくり、運営する

なぜ「あそび」なのか?

最近の子ども達の遊びは、量も質も大きく変化してきています。それは、子どもが思い切り遊ぶために必要な、“三間(さんま)”=時間・空間・仲間が失われてきたのが原因だと言われています。

乳幼児は、言語よりも、いろんな遊びや体験を通して、心も身体も飛躍的に成長させていく時期です。学童期の子どもたちも、秘密基地づくりや虫捕り、落とし穴づくりといったどんどん作り変えられるあそびを仲間と一緒にすることで、「どうしたらできるだろう?どうしたらもっと捕れるだろう?どうしたら落とせるだろう?」と創造力や発想力、コミュニケーション力、自己肯定感を育んでいきます。三間が失われても、子どもの成長にはあそびが必要なのです。日本中の子どもがあそんで育つ社会を作ることが私たちの最終的な目標です。

子どもが「外」であそぶことを大切にしています

あそびっこネットワークは、プレーパークのほか、乳幼児の親子向けなどの各種外あそび場を開催しています。人工の空間でそろえることはまず不可能な、多様なあそび素材や変化し続ける自然の刺激がそろった「外」という環境を大切にしているからです。同時に室内の子育てひろばも運営しているのは、慣れない子育てに不安を抱える保護者がともに子育てできる仲間を見つけ、自分の子育てに自信を持ち安心して外に出ていくことができるように、という思いがあります。また、えてして室内にとじこもりがちな学童保育の枠内で、どれだけ「外で」「自由にあそぶ」を実現できるか、という挑戦もしています。このようにさまざまな形態の「場」を運営するなかで培ってきたノウハウを、練馬の外にも広げていきたいと考えています。講座や研修、コンサルという形で、あそび場の開設を目指す行政や企業のみなさんのお手伝いも始めました。子どもがあそんで育つ社会に向けて、これからもあそびっこは進んでいきます。

「ノンプログラム」にこだわるわけ

冒険遊び場に初めて遊びに来た小学生に「何でもやりたいことが自由にできるよ!」と伝えると、「やりたいことは特にない」「自由って言われてもわからない」と返ってくることがあります。今、小学生の放課後や休日は、習い事、塾、様々な体験教室など、大人が子どもに体験させたいプログラムが充実しています。少子化や交通量増加や犯罪の危険もあり、親・祖父母世代に比べて、子どもが自由に遊ぶために必要な「時間・場所・仲間」が減っています。その結果、落とし穴、木登り、虫捕り、秘密基地、焚き火、ドロケイ、陣取り合戦など、子どもなら誰でも夢中になる遊びを、一度もしたことがない子が増えている「遊び体験の貧困化」が生じているのです。

遊ぶ体験が乏しいと、例えば目の前に、スコップと土、バッタが潜む草むら、廃材と工具、水とバケツがあったとしても、ワクワクしません。「これを使ってあんなことできるかも!」と、ヒラメクこともありません。そして、「何をして遊んだらいいですか?」「遊び方を教えてください」「これでいいですか?」と、大人に指導や許可を求めて、自分からは遊びだすことができません。

「やりたい!」ことを夢中にしている時、脳はフロー状態です。次からつぎへとヒラメキが飛び出して、多少難しいことにも果敢に挑戦しながら、考えたり試行錯誤すること自体を楽しんでいます。また「遊ぶ」ことは本来、やりたい!から始まる主体的な行為なので、全てを子どもが考えて子どもが決めていいものです。だから子どもは遊びながら、主体的な脳の使い方も、繰り返し練習しています。そして、夢中で遊びきった時には、誰からも評価されることのない、自分自身の達成感や充足感に満たされます。「ねえ、みて!これ僕がつくったんだよ」と、何だかわからない作品を掲げて誇らしげに笑む子の内側は、自己肯定感で満たされています。自己肯定感は、自分自身にOKをだす力、自分の人生を肯定する力です。また、子ども集まれば起きる、気持ちのすれ違いやケンカ。でも、遊び続けるためには、どうする? を擦り合わせて、みんながOKになるラインにおさめることが必要です。そんな中で子どもたちは、お互いに認められたり受け入れたりする体験を繰り返し、自分も人も大切という感覚を培っていきます。