あたらしいおひさまぴよぴよです

おひさまぴよぴよ、各公園で始まっています。この4月から、おひさまぴよぴよは「練馬区外遊び型子育てのひろば事業」として、区の委託を受けて実施しています。小さなうちから、外の環境で、人や自然と触れ合いながらあそんで過ごす、そんな子育ての場を区の事業として行っていくことになったのです。またひとつ、練馬区の“じまん”が増えましたね! また、今年度は、昨年度までの実施場所に加え、新たに「中村かしわ公園」が仲間入りしました。どうぞよろしく。

外で、自由な環境であそぶと、子どもたちのやることはどんどんクリエイティブになっていきます。それを見守る大人の表情も、やわらかい。子育ては、いつもどこかで張りつめている。外には、それをほぐしてくれる力があるなあと思います。いつもの公園でなんとなく過ごしていた時間も、実はこんなに豊かなあそびの宝庫。おひさまぴよぴよで、一緒に子育て、はじめましょう。

おひさまぴよぴよって、こんなとこ

はじめてさんのみんなに向けて、自己紹介をしますね。

おひさまぴよぴよは、おそと版「子育てのひろば」です。区内7か所の公園に、0歳~3歳の子どもたちとその保護者が集い、思い思いにあそんだり交流して過ごすことができます。木陰にはお部屋みたいにくつろげる大きなシート、そしてバケツやおたまなど、おうちで見おぼえあるものから、ぼよんぼよんと動くチューブなど“なぞの物体”まで、いろんな道具が揃っています。子どもたちはそれらを自由な発想で使います。また、外ですから、土、草、葉っぱ、花びら、虫など自然も身近にあり、でこぼこの地面をずんずん歩いたり、虫を見つけてじーっと見つめたり、草を引っこ抜いておままごとをする子もいます。

もうひとつ大きな特徴は、「おひぴよスタッフ」がみんなを迎えること。公園に親子で出かけても、結局我が子以外の誰とも口をきかず帰ってきた経験、ありませんか。おひぴよスタッフは、居合わせた人同士が自然とかかわりあう雰囲気をとても大切にしています。「おはよう」「ありがとう」、そんなちょっとした声のかけあいが躊躇なくできる場所では、人と人のかかわりもあったかいものになります。もちろん、わからないことや心配なことがあれば、どんどんスタッフに声をかけてくださいね。

赤ちゃんも大歓迎。シートでのびのび過ごせるよ

ひとりであそぶ。僕だけの世界

ママ・パパとあそぶ

まざってあそぶ。影響しあう

スタッフとあそぶ。「おもしろい」を共有する仲間

友だちとあそぶ

関係のなかであそびが変化していく

外あそびは、まだ早いかな? どうあそんでいいか、ちょっと不安があるな…そう感じる人こそ、おひさまぴよぴよに来てみてください。うちの子こんな風にあそぶんだ! と、発見がたくさんの一日になると思います♪
おひさまぴよぴよの開催場所や日時は、こちらのリンクをご覧ください。

おひさまぴよぴよ