いいこと思いついた! で、やってみた!!

プレーパークに来ていちばんに「草木染めでね、これをやってみようと思って!」と、手にした袋の中身を見せに来てくれた男の子。中には……パイナップルの皮!
「きっと色がつくと思うんだよな~」と、頭の中には彼が思う「パイナップルの皮色」に染め上がった布が浮かんでいる様子。「どうなるかな~、どうなるのかな~?」というワクワクと、「染まらなかったらどうしよう…」というドキドキが混ざった気持ちのようで、ちょっとそわそわ。

お家で「ピーン!」と…

前の晩、彼のお家で夕飯の後のデザートとしてパイナップルが出たらしい。お母さんは、いつものように、パイナップルの皮を包丁で剥き、その皮をゴミ箱へポイポイッ。
「……ちょっとまって!それプレーパークに持って行きたい!」と、何かが閃いた彼。前の週、ツツジをすりつぶして、ピンク色の染め液を作り、布を染めたことがあった。そのときから、「ほかにも染められるものないかな?」ってずっと考え続けていたのかもしれない。

いざ、染めてみたら…!

わくわくとドキドキとそわそわのまま、彼と一緒に染めの経過を楽しんでみる。どうなったかな……まだかな……もうかな!? そんな過程がとても楽しいひととき。
ついに、染め上がりを確認する時がやってきた。染めた布を広げて、色を確かめる。彼のひとことは…
「うっすぅ~~~~~~~~~~~~」

パイナップルの皮での染め上がりは、うっすいうっすいベージュでした。彼の想像した色とは大きく違ったようで、帰り際に「全然染まらなかったー!」と口では言っていたものの、表情はとても晴れやか。自ら「いいこと思いついた! やってみたい!」と思ったことを実行して、やりきった! 満足感があったのかな。自分で試してみて知ったことは、ずーっと彼の中に残るだろうな~。
私も今度、いいこと思いついてみよう~♪

あきちゃ
※プレーパーク新聞vol.79(2019年6月発行)に掲載のコラムを、編集のうえ転載しています。