プレーパークはどんなところ?

プレーパークとは、冒険あそび場とも呼ばれる子どものあそび場です。デンマークが発祥で、現在日本国内に200か所以上あり、市民団体などが運営していることが多いです。光が丘プレーパークでは、「プレイワーク」という理論に基づく研修を受けた「プレーリーダー」(あそび場の専門職)を雇用しています。
プレーパークは〇〇をする場所、という決まりはありません。子どもたちは「やってみたい!」と自分がわくわくする方へと引き寄せられていきます。そこにある道具類や自然を自由な発想で使いながら、じつにさまざまなあそびを展開していきます。プレーリーダーや居合わせた大人、学校も学年も違う子どもたちともいつの間にか会話や交流が生まれていきます。プレーパークは、自然のなかで人とかかわりながら、心のままに過ごすことができる場所なのです。