外遊びは、何歳から?

2017年5月15日(月)更新

 

 

 

 

 

「外遊びって、いつごろからしたらいいですか?」

とくにはじめての赤ちゃんを子育て中のママ・パパから、
こんな質問をもらうことがあります。

生まれたてのころから、「安全に、清潔に」と気を配って育ててきたのに、
いきなり外の「危なくて、汚い(と感じる)」環境に連れ出すことに
戸惑うのも無理はないですよね。

ですが、子どもが外で過ごすことは、本来はとても自然なことなんです。
今ほど家屋が高気密でなかった時代、
開かれた縁側などで内と外はゆるやかにつながっていましたし、
親の農作業に連れられて外で過ごしたり、
上の子におんぶされて遊びの中に赤ちゃんがいた時代もありました。

そのころの親は、何歳から外で遊ばせればいいんだろう?と、
悩む必要が、そもそもなかったかもしれませんね。

ここで最初の質問にこたえるなら、
何歳から、という決まりはありません。
もちろん0歳から、外遊びできますよー!

「遊ぶ」というと、とんだり走ったり、
おままごとをしたりすることと思いがちですが、
そうしたことができるようになる前から、
赤ちゃんはずっと遊んでいます。
見たり聞いたり触ったり、大人に笑いかけられたりしながら、
いろんなことを感じて心を動かすこと、
成長の過程ですることすべてが「遊び」なのです。

だから、木漏れ日やそよ風、鳥の声に虫の姿……
室内とは比べものにならないさまざまな刺激が受けられる「外」の環境は、
小さな子どもが遊ぶ場としてはむしろ理想的。
まだ歩かない赤ちゃんでも、
目や耳、肌など五感をフル稼働させてさまざまなことを感じ取り、
心を動かしています。

日差しのきらめき、遊ぶ子どもたちの歓声、足にのぼるアリの感触……
大人にはなんでもないことも、
赤ちゃんにとってはひとつひとつが昨日と違う
「うまれてはじめて」のことばかり。

毎日を「はじめて」で満たす外遊び。
一緒にはじめませんか。