室内で頻発するいざこざが、外遊びでは起こりにくい理由。

2017年5月15日(月)更新

 

 

 

 

 

外遊びの場で、お母さんが
「外で遊ぶようになって親の私が救われました」
としみじみ話してくれることがあります。

室内の遊び場で物の取り合いやケンカが絶えなかったけれど、
外ではそういういざこざが劇的に減った、というのです。
それはどうしてなのでしょう。

子どもには、
自分のまわりに思い通りにできるスペースが必要ですが、
自分のスペースに敏感な子ほど、
室内の限られた空間ではトラブルになりやすかったりします。
その点、外なら、スペースは比較的広く取れます。

また、人数に対して使いたい物の数が足りなければ、
当然ケンカに。
見るからに楽しそうな「おもちゃ」には、
どうしても「使いたい」が集中してしまいます。
でも外なら、そこにあるものがなんでも遊び道具に。
土を触る子、虫を探す子、枝を拾う子、石を積む子…
やりたいことがばらけるから、みんながそれぞれ満足できる。

取り合いだってケンカだって、
それだけ成長した証だけど、
環境しだいで減らすこともできます。
それに何より、自分と他の子の「やりたい」がぶつかった時に、
「あの子の気持ちも、そしてあなたの気持ちも大切」
と認められることが大事。
頭ごなしの「貸してあげなさい」ではなく、
「どちらも使いたいよね、じゃあどうしようか」
と一緒に考えるプロセスを大事に、
子どもたちに安心して成長してほしいなーと思います。

室内の遊び場でいざこざになりがちな子は、
ぜひ、外も試してみて。
どちらのいいところもそれぞれうまく使って、
子どもも親も楽しく過ごせたらいいですよね。

※「おひぴよ通信2017春号」に掲載のコラムを転載しています。