お母さんの「アートワークショップ」~子どものチカラを引き出す大人の関わり方~

2017年12月12日(火)更新

※(2017年12月25日追記)開催場所・時間に変更があります。
 
アートは、自分を表現する手段のひとつです。
幼い頃は誰でも、心のままに表現できるアーティストでした。
しかし小学生になる頃には、絵が苦手、
造ることは好きでないと言う子が増えます。
これは、子どもの表現への大人の何気ない言葉がけや
関わり方に原因があるのかもしれません。
 
このワークショップは、造形作家の浅羽聡美さんとともに、まずは親である大人たちが、手を動かして色やかたちの世界に没頭してみます。そのとき心の中にわきあがってくるいろんな感情や、大人自身がとらわれている「〇〇でなければならない」といった呪縛に気づき、受け止めます。そして、わが子が「表現すること」を心から楽しめるように、大人ができる関わりについて考えていきます。
 
***
講座内容
 
何年も絵を描いていない、造形なんてしたことがないという方でも
楽しく「アートの世界」を満喫できる「絵画」と「造形」の講座です。
 
① 絵画 わたしの心の絵本をつくる
色を描く画材と様々な道具や指先を使って、
思いのままに色や形を紙の上にあらわします。
考えるのでなく感じたままに手を動かす時、
あなたの心や感覚は自由で、驚くほど美しい作品が生まれます。
 
※使用する画材が前回までと変更になります。
 
② 造形 ゴミから始まるアートの旅
お菓子の包み紙、布の切れ端など、
家庭では「ゴミ」になる素材を使って造形をします。
「〇〇でなければならない」という先入観から解放されると、
表現することが、癒しや喜びになります。
 
 
***
日程
①2月20日(火) ②27日(火)
各回9:45~12:45
基本的に連続2回の参加をお勧めします。1回のみの受講を希望される方はご相談ください。
 
***
講師 浅羽聡美(アトリエ ル・マタン主宰)
誰もが自分を自由に表現でき、自他ともに受けとめあえるアートを通して、ワークショップ、人材育成、情報発信などを行う。近年は特に、障がいのある子どもたちや保育園でのアートの導入に注力している。新渡戸文化短期大学非常勤講師。
 
著書 
『子どものチカラを引き出す美術と大人の関わり合い』
『保育園の表現者たち~アートが流れる日々から』
『アートという文脈で保育を考えてみると』
 
ウェブサイト
保育園の表現者たち https://www.facebook.com/hyougenshatachi/
アトリエ ル・マタン https://www.facebook.com/AtelierLeMatin/
 
***
定員 30名
※保育はありません。ワークに集中できるよう、お子さんは信頼できる預け先にお願いして参加してください。
 
***
参加費 1回3500円
※①②同時にお申込みの場合に限り、6000円で受講できます。
 
※チラシにはクレジットカード決済と記載されていますが、当日現金でのお支払いとなります。
 
***
会場 ココネリ(練馬区立区民産業プラザ)3階研修室(練馬区練馬1‐17‐1)
練馬駅北口徒歩1分
http://coconeri.jp/

※事業により、開催場所が変更になりました。併せて、開始時間・終了時間も変更がありますので、ご注意ください。詳しくは、お申込みの方にお送りするメールをご確認ください。
 
***
お申込みはコチラから!
(クリックするとお申込みフォームに移動します)
 
注意事項
・お申込みの方に当日の持ち物などを記載したリマインドメールが届きます。ご確認ください。
・やむをえない事情により中止・延期・会場変更などのご連絡をする場合があります。確認の可能な連絡先・メールアドレスをご登録ください。
 
***
お問い合わせ
NPO法人あそびっこネットワーク事務局
03-3976-3113(月~金9:30~14:30)

あそび場紹介
  • 光が丘プレーパーク
  • 放課後プレーパーク
  • おひさまぴよぴよ
  • 子育てひろば
  • こどもの森
  • あそびーむ
  • メディア掲載
  • 遊び子育てQ&A
  • 今どきの子どもと遊びデータ&書籍
  • 放射線測定値
  • あそびっこネットFacebook