アートワークショップ 第一期終了しました

2018年7月11日(水)更新 

子どものチカラを引き出す大人になる 親のためのアートワークショップ

30年度の第一期(2回講座)が終了しました。

自分の手を動かして「表現する」ことにどっぷり浸かる時間のなかで、また、講師の浅羽さんの言葉のなかに、それぞれが強く心を揺さぶられるものがあったかと思います。

2回のワークを通して、「わたしはこれから子どもとどうかかわっていくか」をじっくり考えた、参加者のみなさんからの感想をご紹介します。

=====================

今までもやもやしていたものが晴れたような思い。子どもの表現に対して評価するのでなく、「いいね」を共有できたらいいと思った。

わが子にありのままに寄り添うように心がけているけれど、自分が少し疲れてしまっていると感じていた。このワークショップを通じて救われた思いがした。

美術が得意でなかったので不安でいっぱいだったが、実際にやっているととても楽しかった。気持ちを表現する手段は会話だけはないこと、改めて実感した。

表現をしているときの子どもの表情、笑顔、気持ちを見ていこうと思う。また機会があれば講座を受けたい。

子どもの機嫌がいいときもアートで関わりたいし、機嫌が悪いときも、紙とペンを手渡したい、と思った。わが子とアートを通してコミュニケーションをしていきたいと思う。受講して、人生が楽になる気がした。

=====================

言葉にならない内面を色や形、感触に託して、子どもたちは自らを表現しています。大人がその子のありのままを感じ取りたいと謙虚に向き合うことこそが、「子どものチカラを引き出す」関わりなのでしょう。そのためには、親である私たち自身が「〇〇でなければ」「〇〇すべき」という囚われに気づいて少しずつ手放し、「てきとう♡」に身を任せる時間を増やしていけるようにしたいものですね。

参加したみなさん、真摯にワークに向き合い、大切な気づきをたくさんシェアしてくださって、ありがとうございました。

親のためのアートワークショップ、10月、2月にも開催します。2回連続講座ですので、続けて2回の受講をお願いしています。
講座の詳細とお申込みについては、こちらのページをご覧ください。


あそび場紹介
  • 光が丘プレーパーク
  • 放課後プレーパーク
  • おひさまぴよぴよ
  • 子育てひろば
  • こどもの森
  • あそびーむ
  • メディア掲載
  • 遊び子育てQ&A
  • 今どきの子どもと遊びデータ&書籍
  • 放射線測定値
  • あそびっこネットFacebook