ともさん

ともさん
名前
疋田 智子(ひきた ともこ)
生まれ年
1981年
血液型
A型
出身地
埼玉県加須市
出身校
埼玉県立大宮光陵高等学校・美術科卒
前職
自動車メーカーにて重要保安部品製造・管理を担当
役割
子育て支援者
担当
光が丘プレパひろば

座右の銘

今がいつもラッキー

子どもの頃好きだったあそび

 冒険と称して地図を書き、地図の端っこを少し焦がして本物っぽくしたり、近所の子たちを連れて友だちの家の蔵や、神社、雑木林の中を探検したり、駄菓子屋さんで買ったお菓子を基地に隠しておいたり。こっそり見に行ったら、誰かが食べちゃってて揉めたり、大人にばれて壊される基地を泣きながら見ていたこととか(笑)

あそびっこで働きはじめたきっかけ

 息子が2歳前ぐらいの頃、動き回る息子を監視し、時に謝り、時に叱り・・・それで精一杯。「弧」育ての中で息苦しさを感じていたころ光が丘のプレーパークに出会う。息子の遊んでいる姿をほどよい距離で見守れる感覚、いつも誰かが気にかけてくれている安心感。
 そこに居合わせたプレイワーカや遊びに来ている人みんなで見守る雰囲気、それぞれの大人が息子を褒め、声をかけ、助けてくれている光景を目の当たりにして、肩の力がふっと抜け、全く楽しいと思えていなかった自分自身の子育てが、ある日突然に楽しい子育てに変化。「これは他の誰かにも体験してほしい!」という思いから、自分がしてもらったことお返しするつもりで、ママスタッフになったのがきっかけ。

この仕事のやりがい

 同じ場所でも、同じ日はなくて、日々新しい出会いと発見がある。
赤ちゃんや、子どもたちの育つ環境が刻々と変化していくことや保護者の感覚、気持ちも変化していることを、常に捉えようとしていく。柔軟に貪欲に。いつまでもゴールがないような、いつまでも勉強することがあるような感覚。それを、考えて悩んで行動して、時に実験していける仲間がいることが、なにより楽しい。
 ひろばに遊びに来た赤ちゃんが少しずつ場や人に慣れてくれて伸び伸び遊ぶようになったり、お母さんたちがリラックスしておしゃべりしている光景を見ると、かつての自分に起きた変化を見るような思いがする。

あそび場紹介
  • 光が丘プレーパーク
  • 放課後プレーパーク
  • おひさまぴよぴよ
  • 子育てひろば
  • こどもの森
  • あそびーむ
  • メディア掲載
  • 遊び子育てQ&A
  • 今どきの子どもと遊びデータ&書籍
  • 放射線測定値
  • あそびっこネットFacebook